山にトラロープ

山にまつわるアレコレを綴っています

  

【小鋸山】安兵衛井戸・沢コース(鋸山)から縦走!キレットを超えて房総のグランドキャニオンへ

観光地のように賑わう鋸山に対して、ひっそりと佇む小鋸山。

標高が196mとは思えないほど、歩き甲斐のあるバリエーションルートです。

マップ&コースタイム

  • 標高196mの超低山
  • バリエーションルート
  • やせ尾根・岩稜・キレットあり
  • 沢コース入口→保田駅まで約5時間(食事・休憩は除く)

鋸山についてはこちらから↓kagetora55.hatenablog.com

JR内房線 浜金谷駅【10:30】

コース内にトイレはありません。

駅で寄ってから出発しましょう。

安兵衛井戸・沢コース入口【10:40】

安兵衛井戸・沢コース入口の道標

鋸山の主な登山ルートは3種類ありますが、

  1. 観月台(関東ふれあいの道)コース
  2. 車力道コース
  3. 安兵衛井戸と沢コース

同じ山とは思えないくらい難易度や景色が違います。

今回は小鋸山に一番近い、沢コースを登りました。

トンネル怖い【11:10】

沢コースにあるほら穴

歩いて行くと目の前に現れる怪しいほら穴。

ここに入るの???

怖いです・・・。

しかも、こんな時に限ってソロなのです(;'∀')

沢コース内のほら穴の中

勇気をふり絞り、そぉっと入ってみましたが、

ぎゃーやっぱり怖いーー

・・真っ暗です。

天井から何か落ちてこないかとビクビク・・(>_<)

沢コースにあるほら穴の出口付近

・・無事に脱出!

外の景色が見えるとホッとしますね。

短いトンネルで良かったです (*´罒`*)

肩が外れたかと思った!

沢コースにあるトラロープ
沢コースは日当たりが悪いのか、ぬかるんでいる事が多いです

以前、ここで思い切り滑ったことがあります。

とっさに両サイドにあるロープを掴んだのですが、ご覧の通り細いトラロープです。

体は支えきれずに左右に広がり無理な体勢になってしまったので、本気で焦りました(;'∀')

東の肩【12:10】

こちらの分岐にあるベンチでひと休み。

おにぎりを2個食べて、20分ほど休憩しました。

沢コースにあるやせ尾根
やせ尾根を歩いて行きます。

なんちゃって瀬戸内海?

沢コース途中から見える東京湾

勝手に命名しちゃいました。

本当は、東京湾なんですけどね。

歩いていると急に開けて、ちらりと覗く景色に癒されます(*ˊᵕˋ*)

kagetora55.hatenablog.com

郡界尾根入口【13:00】

郡界尾根入口の手作り道標
コンパスやGPS、必携です

林道口に出たら鋸山は終了です。

ここからは小鋸山目指してスタートします!

小鋸山の手作り道標
踏み跡にも目を凝らします

木に巻かれたテープ・リボンや、手作りの小さな道標を目印に歩きます。

小鋸山へ続く岩稜

何となく不気味さが漂う気がしますが、ソロだから過敏になっているのかな。

切通し

上から見た切通し

急に道が途切れています。

ここは思い切って、ジャーンプ!

横から見た切通し

は、出来ません。

結構離れていました。

横から一旦降りて、登り直します。

キレット

難所のキレット
矢印を登って行きます

難所のキレットです。

写真では伝わりづらいですが、小鋸山は難所ばかりのお山です。

高度感もあるので足はガクガク震えっぱなしですが、ワクワクも止まりません♪

山頂【13:55】

山頂へ続く岩

目の前がパッと明るくなった!と思ったら、

小鋸山の山頂

ごつごつした岩の山頂に到着!

標高196mとは思えないほど、清々しい景色が広がっていました(*'▽')

房総のグランドキャニオン

山頂から見える房総のグランドキャニオン
山頂からは遺跡のような眺め

不思議な景色が広がっていますが、ここは採石跡地なんですよね。

特撮ロケ地としても有名な場所で、PVなどの撮影も行われるようです。

白狐への手作り道標
道標に沿って下りてみました。

開放感のある広い野原

開放感~♪

もう思いっ切り、走り回りたい気分です。笑

もちろんここでも深呼吸しますよ。

どこよりも深く・・・

スーハーーー(*˘◦˘*)

トンビが舞う野原

それにしても見渡す限りの広ーい原っぱです。

どこに座れば良いのか迷いますね。

真ん中は落ち着かないので、岩の隣にシートを広げました。

広い野原いっぱいに咲くワタスゲ
ワタスゲ?が、いっぱい♪

ここまで広くありませんでしたが、子供の頃に近所の空き地で遊んでいたことを思い出しました。

山に来るとやっぱり童心に帰ります。

そんなことを考えながらボーッとしていると、

ピーヒョロ~~

いつの間にか頭上にトンビが集まっていました。

食べ物を狙っているのかな?

でも目の前に広げたのは、

  • 魚肉ソーセージ(手に持ってる)
  • ララクラッシュ
  • ウィダーインゼリー

これなら大丈夫でしょ♪

そう思った瞬間、音も立てずにサッと顔の近くを横切ったので慌てました。

食べ物はザックへ入れて見えないようにしておかないと、トンビに襲われます( *¯ ꒳¯*)

林道口【15:35】

郡界尾根の道標まで、ピストンで戻ります。

JR内房線 保田駅【16:40】

1時間に1本なので、 帰りの時刻は確認しておきましょう。

※台風被害を受けている箇所等、最新の情報をご確認の上おでかけください。

おわりに

小鋸山は、人があまり立ち入らないのか植物が優勢な印象です。

登山道(・・と言うか、けもの道)に、せり出していたギザギザの葉っぱ。

少しこすっただけなのに腕が切れて、引っ掛かったけどそのまま歩くとウェアの方がほつれました。

標高が低いと侮っていると痛い目にあいますが、その分楽しさはひとしおです(*´꒳`*)

kagetora55.hatenablog.com